サイトメニュー

憧れのラインを手に入れる

目元

第一印象はやっぱり目

黒目が大きく見えるとそれだけで若々しい印象を与えますし、顔立ちも不思議と洗練されて見えるものです。その一方で、一重まぶたが理由で目つきが悪いと言われることや、睨んでいるように見えるという言葉に悩まされている人も多くいます。二重幅が小さいために顔が垢抜けないと感じていたり、メイクが映えないと悩んでいたりする人も少なくはありません。こうした人達にオススメなのが二重整形です。二重整形術にも色々な種類があるため、顔や予算に合わせて選ぶことができるとご存知でしょうか。ここでは整形術の特徴とどのような人にオススメなのかをあわせてご紹介します。最もスタンダードな方法としては埋没法による整形が挙げられます、これは糸を瞼に食い込ませる形で二重を作る整形方法で、施術時間が短く料金が安い方法です。施術時間は10分ほどと瞼にかかる負担も少ないため、周囲にも知られにくいというメリットがあります。その一方で数年断つと糸が切れてしまうケースもあり、半永久的な効果があるとは言いにくいのも実情です。次に知られている方法として、切開法が挙げられます。瞼にメスを入れてくっきりとしたラインを作る方法で、施術時間がやや長く料金も少し高くなりますが、半永久的な効果が期待できるという良さがあります。さらに、糸では作りにくいくっきりした線を作るのにも向いているため、瞼が厚ぼったい人にも適しているでしょう。さらに、脂肪吸引も二重を作るのに欠かせない手術法のひとつ、脂肪を取ることでまぶたを薄くし、生まれついてのような二重ラインを形成できるという特徴があります。手術方法によって二重整形にかかる費用はずいぶんと変わります。まず最も安価だといわれている埋没法ですが、両目合わせておよそ10万円前後が平均的な料金といえるでしょう。ただし、美容クリニックによって医師の腕前や使用している機材が異なるため、料金相場より安い・高いから問題があると判断するのはあまり良くありません。料金だけで判断するのではなく、医師との相性や自分が希望する術式を受けられるかどうかで判断することを前提としましょう。ちなみにこの埋没法でも“糸を埋め込む箇所を増やす(強度や安定性を高める)”あるいは“糸の強度をより高いものにする”場合は追加料金が発生することもあります。その場合15〜20万円ほどになることもありますが、予算をあらかじめ医師に伝えた上で、無理のない金額での二重整形を進めるほうが良いでしょう。次に埋没法と並んで知られる二重整形として知られる切開法ですが、だいたい20万円〜30万円前後の費用がかかる見込みです。やはりメスを使う分費用は高くなりますが、その分瞳を大きく見せる効果が高いともいえます。切開法にも種類があり、目頭や目尻の切開法などにも同等の料金がかかるでしょう。人によっては二種類以上の整形を組み合わせる場合もありますが、クリニックによっては割引が適用されることもあるので料金に不安な点があるなら相談するのも良いかもしれません。術後は炎症を抑える薬などを処方されたり、経過観察のために複数回通院したりすることもありますが、これらにかかる料金は数千円程度とそれほど大きな金額ではありません。とはいえ、心配なら事前に大まかな料金について聞いておきましょう。