サイトメニュー

目元を変えて好印象

顔を触る人

意外と知らない整形の裏側

のり状の液体を塗ってプッシャーで押し込むタイプや、シールを貼って二重を作るアイテムなど様々な物があり、人気を集めています。ですがこうした一時的な二重形成ではなく「生まれつきのような自然な二重ラインが欲しい」「水に濡れた時や寝起きでもパッチリな目でいたい」と考えて、二重整形をする人も多くいるのです。大まかな流れとしてはまず、美容クリニックなどで医師からのカウンセリングを受けた上で理想の二重ラインを決めていきます。その後、予算や休める期間、なりたい目元などから総合的に判断して施術の方法を決めたらあとは手術の日を待つだけです。手術といっても、二重整形なら部分麻酔のみで終わるケースがほとんどですし、短いものなら10分〜20分ほどで施術が終わってしまうこともあります。キャンペーンやクーポンなどを利用すれば数万円程度で整形が利用できることも珍しくないため、エステやメイクの延長線上にあると考える人も多いようです。目を変えたいけれどどのように変えればいいか分からない、どの施術を選べばよいのだろうと迷う場合には、医師に相談するのが手っ取り早いでしょう。クリニックの中にはシミュレーターを用いて、施術ごとにどのような二重ラインになるかを事前に教えてくれることもあります。こうしたカウンセリングにはそれほど高い料金がかかりませんし、自分が気に入るまで様々なクリニックを訪れるのも良いでしょう。二重整形の方法はいろいろあるため、まずは実際にそれを体験した上で、受けるかどうかを判断してみてはいかがでしょうか。世間一般にイメージされる整形手術と二重整形は少し異なる点があります。二重整形は目元の麻酔をかけるだけで体への負担も少なく、手術にかかる時間も数分と短いものもあり、比較的手軽に受けられる整形です。さらに、希望する目元が人によって違うように、施術方法のバリエーションも非常に豊かなのも特徴的な部分でしょう。基本的にはまぶたの柔らかさやもともとの瞳の大きさ、本人の希望など複数の視点から総合的にどの整形術が良いかを決めることになります。糸を瞼にうめる埋没法、メスを使う切開法などが有名ですが、ほかにもいくつか整形方法があることはあまり知られていません。例えば、目の上のたるみを取り除く施術や脂肪吸引によって皮膚を持ち上げる方法もパッチリした二重をつくるのには効果的です。さらに、二重整形の特徴的な部分として、二重を作るだけでなく目を大きくみせる効果を持つ成形方法と合わせて利用される傾向にあるといえるでしょう。目頭・目尻を切開して目そのものの面積を大きくする施術や、瞼の下部分をぷっくりと持ち上げる整形(涙袋形成)は二重の整形術と一緒に受ける人も多く、目元の印象を変えるのに効果的です。整形の種類も多い一方で、合わせて利用される整形もバリエーション豊富なのは二重整形ならではの特徴と言えるでしょう。だからこそ、1人で悩むのではなく医師と一緒に相談しながら考え、整形のプランを組み立てていくことが大切です。自分の目元を変えたいと考えていたり、不満を持っていたりするのであれば、美容クリニックに足を運んでみるのも良いかもしれません。